建物(すまい)を活かす

「物はこれを生かす人に集まる」

と、学びました。

本の一節です。

今日は、地方にある親御さんの住宅の売却の相談をいただき現地を視察しました。

「売却はもっと前にしたかったのだが、思った様な値段にならず、放っておいていたが、いよいよ処分しなくてはならなくなった」

この様なお話は、よくお聞きします。

社会問題となっている空家対策ですね。

 

もう少し早く対策していたら、家も活かされたし余計な費用負担もせずに済んだのに…

という事が、多いと感じます。

所有者がお亡くなりになっても、何もせずに相当な年月を経てから、動き出す方も多い様ですね。

住まいが余っているとは、決して思えない現状です。

住むところを探している方は、沢山いらっしゃいます。

土地が無いと困っている方もいらっしゃるのです。

家を活かしたり、土地にして再利用したり、そのままにしておく事で、未来が閉ざされてしまう現状が多すぎるなぁと、感じます。

手放せない理由もおありなのだと、思いますが、早め早めの対策で得られる価値は売却対価だけでは無いはずです。

まずはご相談を。

私も今から自宅の未来を考える一人です。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です