場所が先か?デザイン(間取り)が先か?打つ手は無限!

雪解けが一気に進む市内を車で走ると、あちらこちらで戸建て新築の施工現場風景が見られます。
戸建は新築するとなると、空地を探すか空地になりそうな(建物を解体できそうな)場所を手にしなければ始まりません。

新築住宅は、もちろん魅力ですが・・・
全国的に空屋対策が叫ばれる昨今。
中古の住宅やマンションの販売物件案内も、目白押しです。

当然のように、人気のエリアには既に空きは無く、少し古い物件ならば残っていることもしばしば・・・

マンションはどんどん新しい物件が出来、数年住んで住み替える方が案外多いです。好立地物件は値打ちが下がらないとふんで、転売をしていくようです。

年々資材単価は値上がりし、10数年前に手に入ったものも今では手が届かない高価がついていたりします。
正直、「昔の建具はしっかりしていたな・・・」とお客様をご案内する度、感じております。

中古マンションの購入を検討されるお客様には、出来ればリノベーションされる前の物件をお勧めするようにしています。既にリフォーム後の物件でも、妥協出来ない場合は手入れをすることを進めることもあります。

画像は、築10数年のマンションの改装前(左)と改装後(右)です。
訪れるお友達が皆様賞賛くださると、御満足いただいております。
工夫次第で、もしかすると新築よりも理想の空間や場所を手に入れることも可能なのです。

そう、打つ手は無限ということです♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です