住宅展示場は損か?得か?

四月、雪解けと共に各住宅メーカーが一斉にモデルハウスのご案内を配布しています。

奇抜なタイトルです。

《損か得か?》

日常生活では、あまり損得勘定を露骨にしないようにしています。

と言うより、損得で物事を捉えると必ず辻褄が合っているなぁ〜と妙に納得出来る、出来事に遭遇するのです。

 

しかし。。。

住宅となると、損得の桁が違います。

あのメーカーよりこっちが10万円安かった!とかそう言った話では無いのです。

 

新聞やテレビで放映されている、住宅展示場。

マイホーム◯◯ター  とか、

◯◯◯ハウジングプラザとか。。。

大手の展示場と表現しましょう。

あの場所に出店するには、開催元の厳しい審査基準をクリアした上で、多額の出店料〔のようなものと、表現させてください〕を支払う必要があります。

ですから、見ごたえのある住宅が沢山あってマイホーム計画の参考にはとてもなるでしょうが、出店メーカーで契約し建てるということは、簡単に言いますと、出店料の経費の一部を負担していることになるのです。

 

「あそこの展示場のあのメーカーで建てたんだよ!」

という、ステータスが欲しかったり、心底このメーカーに惚れた!と仰るなら納得の上で良いと思いますが、

何が損か得か。。。

余計な経費の計上されたハウスメーカーの住宅が、それほど優れているのかな?という疑問あります。

 

少し過激な内容でしたが、大切なマイホーム計画の予算をどのように使うか?検討のヒントになればと、思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です