公開日: 2022年11月15日

物件不足と価格の行方

川端 法子川端 法子
  • シェア
  • twitter

「マンションお探しのお客様いらっしゃいませんか?」

最近、当社によくかかってくるお電話です。

沢山の物件を仕入れて、販売されていらっしゃるのでしょうね。

 

当社は、一軒、一軒のお付き合いが多く(一棟ものアパート仲介もございます)

大量仕入れ、大量販売にはご縁があまりありません。

もともと、コンクリート品質管理業務からの新築の注文住宅販売営業 

経ての独立ですから、

おひとりお一人のしっかり丁寧を心がけています🎵

 

「この方には、どんなお住まいが良いかな?」

「この方のお家は、こんなお客様にお渡ししたいな♡」

といった風に、気持ちよく次の方に継承されるよう

一番お互いに負担や不安の無いようにお繋ぎしています。

 

沢山選べる

と、いうのは一見有利な気も致しますが、ブレたり迷ったりするうちに何を焦点に絞るべきか

わからなくなってしまいます。

正直言えば、少しでも価格の高い物件を販売すると

仲介業者は報酬が比例するので良いのかもしれません。

価格だけでない、背景を自分も一緒に住むかの如くご提案していくのが最善と思っています。

 

結婚、子育て、家事をしながら働くことを経験したものだからこそ

(娘の里帰り出産や、父親の看病や看取りも経験しました)

住まいの先の予測できる様々なケースをイメージしながら

住まい探しをご提案します。

ひとつ一つは、時間もかかります。

効率重視とはいきません。

それでも、出逢うお客様のこれからの倖せな暮らし方を想いながら

予測し難い社会の動きと併せ観てご提案しております。

価格の異常ともいえる上昇はある程度収まりつつあるようです。

購入のタイミングと物件の情報を検討しながら、的確なタイミングで

新しい暮らしを手にしていただきたいですね(^^♪

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
川端 法子

川端 法子

川端 法子

最新記事 by 川端 法子 (全て見る)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
Go to Top