公開日: 2022年2月10日

積雪荷重とたわみ

川端 法子川端 法子
  • シェア
  • twitter

カーポートの屋根の積雪が過去最高になっています。
我が家も設置する際、デザインや機能色々検討しましたが、当時、道東が竜巻の被害に見舞われたとき、札幌市内でも足がぽっきり折れたカーポート、屋根に穴が開いてしまったカーポートを見かけたため、ベースは頑丈さ優先にしました。

あとはガサツな行動が多いので、カーポートの柱が多いとドアをぶつける可能性が考えられるため片足ながら頑丈な柱の形状のものにしてみました。それにしても降りやみませんね。

 

ここまでくると、室内の柱や梁にも目を向けたほうが良いかと思います。
毎年、雪庇の落下で、室内のパネルヒーターが外れたとか、外で作業する除雪車の振動によってボイラーの耐震装置が作動したため、ボイラーの経年劣化の故障かと思った…など、思いもかけないハプニングが起こるものです。

デザイン重視の木造住宅では、広々空間を確保するために、柱や梁の間隔が広めの設計をよく見受けます。

恰好よく憧れなのですが、このような積雪が多いシーズンは、柱、梁のかけ方いかんでは、クロスに割れが発生するケースも少なくないでしょう。

修理は雪解けまでお待ちいただくといて、時間があるときに建物チェックをご家族で行うことお勧めします。

せっかく、あれこれ悩んで所有したマイホームです。

プロにお任せばかりではなく、時おりご自身での点検調査も有効です。

愛着のあるマイホーム、よくよく見つめて差し上げてください♡

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
川端 法子

川端 法子

川端 法子

最新記事 by 川端 法子 (全て見る)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
Go to Top