大切なものは目に見えない

昨日、今日と二夜連続で、【ナイトセミナー】なる学びの場へ参加しました。

昨夜拝聴した、道内大手建設会社の元会長の講話から。

最近は、目に見えないスピリチュアルの世界が注目されているが、実は注文住宅で、一番大事なところは、目に見えない(基礎、地盤、柱など)ところであり、華やかに装飾されたモデルハウスでは見えない部分なのだという内容でした。

つまり、モデルハウスや展示場ではなく、築年数がある程度経過した住宅でしっかり見ておくべきですよ〜ということなのです。

我々、大変恐縮ながらも同業者にとっては当然のことなのですが、そこをしっかり解説される営業がどれ位おられるか?は、不明です。

業界大手のリーダーのメッセージに、あらためて【目に見えないもの】の大切さをしっかり伝えていきたいと感じました。

そして、今夜の講話では、またまた不動産【土地】にまつわるお話が…。

せっかく手に入れた、『南東の角地』の物件にマイホームを建設したのだが、家庭内でどんどん災いが起きていく…

悩みに悩んだ末、手放す決意をせざるを得ず隣人に売却することにしたが、手にした隣人にも次々災いが起こっていったという内容でした。

 

『南東の角地』とは、なかなか手に入れることの出来ない、魅力的な物件です。

講話のメインは、この不動産についてでは無い為これ以上詳しい事はお聞きできませんでしたが、不動産物件は普通の商品売買とは異なるデリケートな商いだと思っています。

買う買わないの決断だけでなく、唯一無二の物件に幸せに暮らせますように!との、儀式や礼はしっかりと執行うと共に、住んでからも清らかな心持ちで暮らせる様努めていくことが大切だとあらためて思うことが出来るお話でした。もちろん、今日お話くださった方も、最善は尽くされたと思います。が、やはり目に見えないものの力が働いたのかもしれませんね。

 

※少しでも気がかりなことは何でもお気軽にご相談ください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です